プレスリリースとニュースリリースの違い

企業の広報活動において、現在主流として行われているのがニュースリリースです。

リリースと略される場合もあります。また、プレスリリースと呼ばれることもあります。

この二つの言葉はほぼ同じ意味で使われていますが、実際には微妙に違います。ではその違いとは何なのでしょうか。

企業からメディアへ

まず「プレスリリース」とは、企業がメディアに対し行う発表のことを言います。

企業の側からすれば、ニュースとして取り上げられればその販促効果は大きくなる為、的確に情報をメディアに対して伝えることは大変重要なことになります。

一方、メディアの側から見ると、プレスリリースは企業が発する情報であり、自分たちで取捨選択し編集することができる素材です。

メディアが『掲載価値がある』と判断したものだけが、メディアのタイミングで社会に対して発信されます。

そのため、企業が望む内容、タイミングで取り上げられるとは限らない点に注意する必要があります。

インターネットが普及する以前、企業が消費者に対して自社の情報を発信しようとしても、企業自体はその方法を持っていませんでした。

そのため新聞や広告、TVやラジオなどのメディアを頼るしかなく、プレスリリースが企業にとって主たる情報発信の手段であったと言えます。

企業から消費者へ

消費者はインターネット普及以前は、メディアを通し、あくまで二次的に情報を得ていました。

しかしインターネットが普及した現在では、企業が発信した情報を、その企業の自社サイトなどで消費者が直接的に見ることができるようになりました。

この加工が入らない、一時情報の発信を「ニュースリリース」と言います。情報を受け取るのは消費者だけではなく、メディアや株主など、様々な人が含まれます。

マスメディアにとっての情報素材であると同時に、消費者にとってはメディアを通すことで省略されるような詳細な情報を知るための貴重な資料ともなります。

企業の側も、特殊な事情がない限りは、メディアに対してのみ情報を発信するということはなくなってきました。

企業が直接発信してるため、公開された情報がどう利用されるかは、情報を受け取った人次第ということになります。

また、企業が消費者に対して発信する情報とはいえ、リリースは広告ではないことも理解しておく必要があります。

リリースの内容は新製品、新サービスの発表だけではなく、内部の人事異動や決算、社会活動、不祥事など、その企業が関することすべてが対象となります。

対して広告は広告枠を買い取って商品の宣伝を行うことなので、性質が全く違います。

違いポイントまとめ

  • 「プレスリリース」は企業がメディアに対し行う発表のこと。情報を掲載するかしないか、いつするのかはメディアのタイミングで社会に発信されるため、企業側が望むタイミングでは無いこともある。
  • 「ニュースリリース」は企業が自社サイトなどで直接発表すること。メディアを通さずに一次情報を消費者が直接確認することができる。

関連記事




ページ上部へ戻る