二期作と二毛作の違い

二期作と二毛作の違いは、農場方法の違いを見れば分かります。

同じ耕地で野菜を育てるのは、二期作も二毛作も同じです。農業の方法に違いがあるのです。

それぞれのメリット

二期作は同一の耕地で同じ作物を一年に2回栽培し、収穫を目指します。

一方、二毛作は同一の耕地に一年間、2種類の異なった野菜を栽培します。

二毛作のメリットは同じ耕地で複数の野菜や作物を栽培でき、収穫量を増やすことできるところです。基本的に野菜や作物には栽培に適した環境があり、農家の人は自分の土地や環境にあった野菜や作物を育てるのが基本です。

土地の成分や風、天候、水の種類、農業器具など作物に影響を与える要素は様々です。全ての要素を満たすことは難しいので、自分の持っている耕地に一番適した野菜や作物を選択し、栽培していく必要が出てきます。

基本的に自分の耕地に合った野菜や作物は多くなく、一度に栽培できるとも限りません。

しかし、野菜や作物の栽培条件と持っている耕地の条件があれば、二毛作を行い、複数の野菜や作物を同時に育てることが可能です。

複数の野菜や作物を同時に育てることで収穫量や種類を増やすことができれば、収入面で非常に有利になります。

これが二毛作のメリットです。

次に二期作のメリットですが、これは二毛作より収穫量を増やせるのがメリットです。

二毛作と違って、野菜や作物の種類は1つですが、栽培が難しい野菜や日本では珍しい野菜や作物の栽培に二期作で成功すれば、収穫量を大きく増やすことが可能になります。

量で見ても二毛作より二期作のほうが収穫量が多く、収入の面でも有利に働く場合があります。

自分の耕地はどちらに向いているのか

二期作も二毛作もそれぞれのメリットがあります。重要なのは持っている耕地の要素を見極めることです。

自分の畑が持っている条件を活かせば、二期作や二毛作によって野菜や作物の収穫量や種類を大きく増やすことができるようになるでしょう。

二期作と二毛作の最大の違いは、収穫できる量と野菜や作物の種類です。

収穫量だけを見れば、一年に2回栽培できる二期作のほうがメリットがありますが、栽培できる種類でいえば同時に栽培できる二毛作のほうが便利です。

これから農業を始める人は自分の耕地や農業器具の環境を考慮し、二期作や二毛作のどちらかを選択するようにしましょう。

違いポイントまとめ

  • 「二期作」は同一の耕地に同じ作物を年に2回栽培すること
  • 「二毛作」は同一の耕地に1年間、2種類の異なった作物を栽培し収穫すること

関連記事




ページ上部へ戻る