パフェとサンデーの違い

カフェやレストランでよく見るこの2つ、違いがわかりますか?

それぞれの語源

「パフェ」は、和製語でフランス語で「完全な」という意味の「parfait」(パルフェ)から、「完全な(デザート)」という意味が語源と言われています。

フランスでのパルフェは、卵黄に砂糖やホイップクリームを混ぜて、型につめて凍らせたアイスクリーム状の冷菓に、ソースや冷やした果物を添えて皿で供するものです。

日本のパフェとは異なりますが、このパルフェにさまざまに手が加えられ、現在の日本のパフェが完成したと考えらています。

「サンデー」はアメリカ生まれ。アメリカで昔、公園近くのアイスクリームショップで日曜限定で販売されていたという説があります。

安息日である日曜日に贅沢なパフェを食べることを嫌ったことから、日曜日にも売れるように質素に作ったサンデーが登場したそうです。

日曜限定で販売されてたことからこの名前が付いたと言われています。

具材を比較

パフェ、サンデーともに具材は「フルーツ、アイスクリーム、フルーツソース、シロップ、生クリーム」などで、ほぼ同じです。

しいて違いがあるとしたら、それらを入れる器でしょう。

「パフェ」は細長いグラスに入れますが、サンデーは比較的丸い、高さが低めのガラス器に盛られることが多いです。

サンデーの方が量が少なめなことが多いので、「甘いものが食べたいけどパフェは全部食べきれるかわからない」という時にサンデーを頼んだ経験がある人もいるのでは?

日本ではパフェとサンデーの違いについて「パフェが細長い容器が使われ、サンデーが丸い容器が使われる」「パフェは昼間のデザート、サンデーは夕方以降のデザート」「パフェは元々フルーツにアイスクリームをトッピングしたもの、サンデーは元々アイスクリームにチョコレートソースをかけたもの」など様々な説が存在するが、実際は明確な違いはありません。

違いポイントまとめ

  • 日本では「パフェ」と「サンデー」に明確な違いは無いが、パフェの方が比較的量が多く細長い容器に入っていることが多い。

関連記事




ページ上部へ戻る