ブイヨンとコンソメの違い

フランス料理など洋食に使う「コンソメ」と「ブイヨン」。

スープや煮込み料理には欠かせないものですが、この違いは何でしょう?

コンソメはブイヨン?

この2つは仕込み方が違います。

まず「ブイヨン」は牛肉、鶏肉、魚、またはそれらの骨やすじ肉などにセロリ、玉ねぎ、 にんじんなどの香味野菜、香辛料を加え、時間をかけてうま味を煮出し、こして使います。

料理やスープのベースとして使われることが多いです。日本でいう、出汁ですね。

一方「コンソメ」は「ブイヨン」にさらに野菜や肉を追加して煮込んだ物です。「コンソメスープ」はブイヨンをベースにしたスープということですね。

語源と「ブロス」

「ブイヨン」はフランス語です。英語圏では「ブロス」、イタリア語圏では「ブロード」と言います。

イタリア料理における「ブロード」は、使用する材料により肉のブロード、魚介のブロード、野菜のブロードに大別されます。

ブロードはブイヨンとは異なり、そのままスープ料理として提供されることがあります。

ブイヨンは『煮る』という意味の“ブロス”が語源なのに対し、コンソメの語源は『完成する』という動詞に由来します。

けれども、市販品の固形コンソメやブイヨンキューブという呼び方は商品名というだけで、内容的にはほとんど同じ、メーカーによって多少風味の差があるくらいです。

違いポイントまとめ

  • 「ブイヨン」は牛肉、鶏肉、魚、またはそれらの骨やすじ肉などにセロリ、玉ねぎ、 にんじんなどの香味野菜、香辛料を加え、時間をかけてうま味を煮出し、こして使う、スープや料理のベース。日本の出汁に相当する。
  • 「コンソメ」はブイヨンにさらに野菜や肉を追加して煮込んだ物。

関連記事




ページ上部へ戻る